日本の再生可能エネルギー市場展望 2023

背景

日本の自然エネルギーブームは、2011年の福島の事故後、必要に迫られて始まった。一夜にして4,600万kWの原子力を停止したことで、再生可能エネルギー・プロジェクトにとって非常に魅力的な固定価格買取制度が導入され、投資家や開発業者が次々と再生可能エネルギー発電に参入するようになった。2023年になると、自然エネルギーは日本のエネルギーミックスの20%近くを占めるようになり、7,000万kW以上のクリーンエネルギーが稼働している。

2021年と2022年には、再生可能エネルギーの導入に若干の減速が見られた。太陽光発電のためのFiTオークションは応募が少なく、土地の不足とコストの上昇が開発を困難にしており、FiPと企業PPAへの明確な切り替えを可能にする市場メカニズムも遅々として進んでいなかった。第1ラウンドの洋上風力発電オークションの結果に対する論争と広範な不満、複雑なオークション基準が、さらなるオークションの延期につながった。

ロシアによるウクライナ侵攻とそれに伴うエネルギー危機は、日本がこうした問題の解決を加速させることを後押しした。G7の中で、日本はエネルギー市場の暴騰に最も脆弱であり、日本の一次エネルギーのわずか11%しか国内で生産されていない。現在の目標は、2030年までに自然エネルギーがエネルギーミックスの36~38%を占めるようにすることであり、これは、その時までにさらに5~6,000万kWの太陽光発電と1,000万kWの洋上風力発電を導入することになる。また、政府主導による送電網の改善、浮体式洋上風力発電、エネルギー貯蔵プロジェクトの強力な推進も見られ、この分野への新たな投資の波が押し寄せている。

需要主導の成長

日本のRE100上場企業数は、米国以外のどの国よりも多い。現在のメンバー399社のうち79社が日本企業である。再生可能エネルギー協会によると、グリーン電力を求める産業界の需要は、毎年5倍の新規容量を上回っている。現在、企業向けPPAが主流で、オフテーカーはできるだけ多くのクリーンエネルギーを確保したいと考え、デベロッパーはプロジェクトの安定したリターンを求めている。タイタン・グリーンテックは、オフテーカー、オペレーター、アドバイザリーからのPPAの調達と組成に経験豊富な人材に対する需要が非常に高まっていることを目の当たりにしている。企業向けPPAは、もはやアマゾンやアップルのような世界的なハイテク大手に限定されるものではなく、イオン、ソフトバンク、ソニーなどの日本企業もこぞって参入しており、クリーンエネルギーをめぐる競争は明らかな売り手市場となっている。

洋上ブーム

広大な海岸線、強力な造船産業、世界第6位のEEZを有する日本における洋上風力発電への期待は大きい。産業界からの反発を受け、第2ラウンドの固定価格競売の競売基準は競争を激化させるよう改訂され、初期段階の開発作業は集中型モデルへと移行し、政府は大規模浮体式洋上風力開発のために日本の広大なEEZを解放するための明確な前進を図っている。世界風力エネルギー会議と日本風力発電協会は、このオープン化によって合計440GWの洋上風力の潜在的可能性があると見積もっている。現在、経済産業省は洋上風力プロジェクトのために、8つの推進区域、5つの有望区域、11の準備区域を割り当てている。

政府と日本の主要産業界は、国内の造船業を活性化させ、日本が輸出できる新しい技術を開発するために、日本が浮体式洋上風力発電の技術的リーダーになることを後押しすることで一致している。
しかし、APACやさらに海外の競合市場と比べれば、オークション制度はまだ不透明で、プロジェクト規模は1GW未満、オークション量も比較的少ない。日本ではよくあることだが、洋上風力発電は、長期戦が可能な事業者に有利になるように形成されている。人材面では、洋上風力発電の経験豊富な専門家が、次の転職先を検討する際、市場における潜在的雇用主の長期的展望を明確に分析している。

太陽光発電の守勢交代

ここ数年、多くの太陽光発電デベロッパーが市場から撤退しているが、私たちはこの分野は健在だと見ている。撤退するのは比較的小規模なデベロッパーで、国内での深いパートナーシップもなく、利幅が縮小する中で競争力を維持するための低コストの資金調達へのアクセスもなく、市場ベースのシステムを使いこなす能力もない。

その一方で、成功を収めている既存の事業者や洗練された大規模な総合再生可能エネルギー開発事業者は、農業用太陽光発電のような分野に進出したり、大規模で小規模なプロジェクトをPPAに集約したり、蓄電池を組み込んだハイブリッド発電所を開発したりして、ポートフォリオを拡大している。このため、陸上再生可能エネルギー分野では、熟練した専門家や上級指導者の移動が増加し、収益性の高いプロジェクトを調達し、PPAを確保できる者の市場価値が高まっている。

蓄電池

日本が今後数年間で送電網の再生可能エネルギー容量を倍増させようとしていることに加え、政府が送電網の管理とバランシングで地域リーダーになろうとしていることから、蓄電池への投資が活況を呈している。現在までに、外資系企業2社を含む11社が、独立型グリッド規模ESSシステム開発の補助金プロジェクトを獲得している。市場に精通した多くの大手太陽光発電デベロッパーが、ESSプロジェクトの開発へと注力先を変更または拡大しており、太陽光発電から電力市場のこのサブセクターへの人材シフトは明らかだ。
技術面では、テスラがこの分野で早くから主導権を握っていたが、中国と国内のプレーヤーが新しい化学物質、フロー電池、低コストを武器に開発者の関心を集めている。

相互接続

日本がアジア全域をリードする技術とノウハウの輸出国になるという野心的なテーマを続けると、HVDC接続への投資と機会が見えてくる。北海道から本州への(MW)接続は(XX年)に完成する予定である。日本がこの分野での専門知識の確立に成功すれば、ASEAN送電網に大きな機会が存在し、東南アジア全域のさまざまな市場を接続し、クリーンエネルギーの普及とエネルギー安全保障の向上を図ることができる。

タイ、ラオス、ミャンマーはすでに送電網の接続を開始している。インドネシアとマレーシアでもプロジェクトが進行中だが、ASEANスーパーグリッドの機会規模は、日本が明らかに利用したいと望むものである。

メーカー

原子力技術の世界的リーダーである日本は、2011年に福島第一原子力発電所の事故が起こるまで、クリーン・エネルギーとして原子力発電を好んで利用してきた。90年代から2000年代にかけて、日本は太陽光発電とバッテリー発電を推進し、日本の大手企業はこの技術で世界をリードした。最近では、再生可能エネルギー技術は中国においてより安価に、そして大規模に生産されるようになり、風力タービンの戦いではヨーロッパの競合他社が数年前に勝利し、日本の大手企業は過去10年間で市場から撤退した。
東芝がGE製タービンのナセルを134基製造しており、第1ラウンドの170万kWの洋上プロジェクトで三菱に供給される予定だ。日本はまた、ペロブスカイトのような次世代太陽電池技術や、固体電池やフロー電池のような電池技術にも力を入れている。

要約

産業界からの市場の要求と、エネルギー安全保障を向上させるという新たな緊急性が、日本における自 然エネルギーの成長を後押ししている。サプライチェーンのボトルネックやインフレにもかかわらず、日本の自然エネルギー市場への投資は堅調で、産業界が望むペースではないものの、前向きな政策変更が推し進められている。

日本市場、現在のトレンド、そして貴社のチームを率い構築する重要な人材の発掘に関する詳細なご相談は、greentechinfo@titanconsulting.jp までご連絡ください。

About The Author

Andrew Statter

Andrew Statter

アンドリュー・Titan GreenTechの日本コンサルティング業務を率いるパートナーです。彼と彼のチームは、再生可能エネルギーやクリーンテック分野の多国籍企業に対し、日本市場参入、成長、パートナーシップ、エグゼクティブサーチに関するアドバイスに注力しています。タイタングリーンテックの年間市場展望レポートは、当社独自のリサーチ、官民両セクターのエネルギーセクターのリーダーとの数千回に及ぶ対話、日本の大手マーケット情報出版社であるNRGジャパンとの市場調査パートナーシップに基づいています。詳しくはwww.japan-nrg.com。

セクタ

再生可能エネルギーとエネルギー貯蔵

セクタ

グリーンファイナンスとグリーン投資

セクタ

クリーンテクノロジーと未来のモビリティ

セクタ

ネットゼロ、PPA、ESG

上部へスクロール